コンテンツへ移動

2回目のメルボルンで掴んだ目標・バリスタ体験談②⓪

カフェの街【メルボルン】でリベンジ!

グラフィックデザイナーからバリスタに?!

バリスタとして働きたいという熱い思いを胸に

IMG_5965

 

お久しぶりです、MiDORI です。

日本語バリスタレッスンを初心者、中級者向けに行い、数々のバリスタやカフェ経営者を輩出しています。

”最近、【海外生活Vlog】のYouTubeチャンネル 『みどりのへや』Midori’s Roomも始めたので良かったらチャンネル登録お願いします♫”(余談ですが。。)

 

気を取り直して、

今回は5年のグラフィックデザイナー経験を経て、メルボルンの人気カフェでバリスタの仕事を掴んだ卒業生、あやこさんのストーリーをお贈りします。

 

このブログを通じて、今後バリスタとして活躍していきたい皆さんへエネルギーをシェアできたらいいと思っています♫

 

B800E02D-4B8C-4021-AF66-CE27AA2AE152

 

Q1.   自己紹介をお願いします。

はじめましてAyakoです。

私は一度ワーホリビザで2016年12月から1年ほどメルボルンで生活をしていました。

その後日本に一度帰り、1年4ヶ月ぶりに再度メルボルンに戻ってきました。

私は16歳の時からデザインの学校へ通って、東京で4年8ヶ月ほどグラフィックデザイナーの仕事をし、ワーホリ時の時はフリーのデザイナーとして仕事をしながら、ひたすら趣味のカフェ巡りをしていました。(飲食店ブランディングに興味があったので300店以上ほど周り、ひたすら毎日遊び歩いてました笑)

メルボルンに戻ってきたのはワーホリ時代にできなかったバリスタの仕事をリベンジするためです!

でもバリスタの仕事をしながらも、デザインの仕事もフリーで少しやりつつ、アート活動をしたり、趣味で続けてきたダンスをやったり、とても充実したリベンジメルボルン生活を送りました!

 

 

Q2. メルボルンを選んだ理由は何ですか?

カフェ、アート、海、この3つが好きだったので迷いなくメルボルンを選びました。

 

 

Q3. 色んな学校がある中、South of Japan Coffee Classでコーヒーを習おうと決めたきっかけは何ですか?

共通の友達がみどりさんのFacebookの投稿に”いいね”を押していたのを見て。

直感です笑

そして当時仕事も不安定だったので費用面が優しかったのも大きな理由です。

私にも払えるレベルで、マンツーマンクラスだったから。女性のバリスタでみどりさん本人の写真も載せていたし最初から安心感がありました。

でも実際会うと思ってたよりもずっとフレンドリーで、気さくな先生でした!!

 

あともう一つ!全て日本語だから。

コーヒーを英語で習うのは英語がかなり自信がないと難しいです。コーヒーの世界はそもそも単語がわからないものが多いのにそれを英語で教わるより日本語で教わった方が圧倒的に効率が良いと思ったから選びました。

 

 

Q4. 今までにコーヒーの経験はありましたか?

学生時代にカフェでアルバイトしていた時エスプレッソマシーンは触ったことはありましたが、ゼロに等しいレベルでコーヒーを作ってました笑。多分美味しくなかっただろうなぁと思います。何てもったいないことしていたんだぁ、、、

 

Q5. バリスタになるまでの経緯。

ワーホリの時にひたすらカフェ巡りをしていく中で、カフェの現場に立つ人への憧れが段々と強くなっていっていきました。

そして、私はいつかカフェのブランディングデザインをしたいと思っていたので実際に現場に立ってみたいと思うようになりました。

もちろんコーヒーは好きでしたが、私はバリスタという職業への憧れから入りました。

そしてもう一つは、デザインとは全く別の仕事をしてみたかった。これも大きな理由です。

 

そこでワーホリ時代にみどりさんと出会いレッスンを受けました。

しかしその時点で、ビザも半年ぐらいしか残っておらず、英語も今よりも全然できなくて、コーヒーの練習もレッスンの時だけ(マシーンを触ったのもその二回のみ)すぐにトライアルに受かって働けるレベルにはいけず、レジュメも50枚ほどしか配らず、メルボルンでカフェの仕事を掴むのは本当に大変なのに努力をしてませんでした。

 

『本当に甘かった』と思います。

 

しかし幸いデザイナーとしての活動はとても充実していたので、本当に素晴らしい一年間になりました。(SOJ のロゴデザインも携わらせてもらってます!)  ⬇️⬇️⬇️

 

 

でもどうしても憧れだったコーヒーの世界をただのお客さんとして終わらせてしまった、夢を叶えられなかった悔しさがあり、後悔をお土産にして帰国しました。笑

 

やっぱりもう一度メルボルンに戻ろう。

 

帰国したその日に、そう思い、日本ですぐにマシーンを触らせてくれる仕事を探しました。そこはオーストラリアブランドのスペシャルティーコーヒーを扱う大手レストラン。

なのでメニューもピッコロやフラットホワイトもあり、エアロプレスも出していました。

アルバイトで1年4ヶ月程働きそこで技術向上させていきました。

 

そして2019年4月、再度挑戦をしにメルボルンへ行きました。

むしろワーホリ時代にバリスタをできてたら今回絶対に戻ってこなかったですね。

だから本当に挫折をして良かったと思ってます。今メルボルンには絶対にいなかったから。

そして今回は単発でも、遠くても、仕事のチャンスがあればひたすら逃さずフレキシブルにトライして人脈と信頼を作って、自分のポジションを作っていきました。

 

Q6. コーヒークラスを受けた感想は?

私が受けたのは2年半前のことですが、当時感じたことは、

一対一のマンツーマンで周りの目を気にしたりしない。

ずっと見てくれてるから、小さな間違いもすぐに教えてくれるし、自分のペースで分からなかったら、止めて質問してました。

 

実際に現場にバリスタと焙煎士として働いて先生をしてる人はなかなかいないと思います。

色んな目線でのコーヒーの話を聞かせてもらえます。

 

そして長年メルボルンに住んでるからこそ、場所やそれぞれのカフェの特徴を知ってるから仕事探しのための話もすごく心強かったです。

 

メルボルンに来たばかりの人は豆のブランドや、カフェの特徴、地域のこと知らないはずなので、聞いてみるのもおすすめです!

そしてもう一度言いますが、めちゃくちゃいい人柄の先生なんで、人見知りや緊張しちゃう人も安心しきって受けてみてください!!笑

Q7.    メルボルンで働いていた職場はどんなところですか?

South Yarra にあるTwo Birds One Stone です。3年前にここのヘッドバリスタである、ななえさんに会いにお客さんとして来てたので、まさか自分がここのレベルのカフェで働けることになるなんて夢にも思わなかったです。正直ここは日本でしか経験がない私が働くレベルでは本当に難しいところでした。

メルボルンのコーヒーの出る量が日本とどれだけ違うかを痛いほど感じました。

それでも、本当に周りの仲間達のサポートをしてくれたおかげで最後まで働くことができました。

あとは少しの期間でしたがCBD のCartel Coffee Roasts 、Marvel StadiumでのCoffee cartの仕事、ヘルプで呼ばれたカフェの穴埋め等していました。

同じバリスタの仕事でも場所によって全て全然違うことが要求されるので、全部とてもいい経験になりました。

 

Q8.  バリスタになりたい皆さんにアドバイスをお願いします!

全てどんな場所でも自分の経験値になると思います。本当に自分次第です。与えられた場所で何を求められて、何を吸収していくのか。

私も英語やコーヒースキルの不安はずっとありましたが、チャンスがきたら、とりあえずやってみました!

何にも縛られてない環境にせっかくきてるのでどんどんチャレンジしてみるのが良いかと思います!

そしてやっぱりビザに余裕があるうちこそドンドン動かないと働く経験ができる期間も少なくなってしまうので頑張って欲しいです!

 

4D8F3D9C-2D0A-48E9-9796-92322ECC321C


Cafe: Two birds one stone

Adress: 12 Claremont St, South Yarra VIC 3141

Barista: Ayako Mineta


 

 

MiDORIの呟き
みなさんお元気にされてますか?
コロナの影響で一時お休みをしていたので久しぶりに筆を取ります。(あ、パソコンだから筆ではないか。笑)

 

ワーホリの子達は帰国された方が多いと思います。今、メルボルンに滞在している方は、メルボルンは自粛規制が緩和してきている今、これからがチャンスになってくると思います!
この数ヶ月間、準備運動してうずうずしているそこのあなた、これから求人が増えていくと思うのでこれからがチャンスです。
仕事を上手く掴むことが出来るように必要な技術向上と仕事探しの行動が仕事ゲットの鍵になります。
今この時期は特にみなさん先が見えなかったり、不安な事があると思います.
ただ、どんな状況でも人は皆、本当にしたい事って実行すると思うんです。私がそうです。
ある意味、こういった状況だからこそ、自分自身の熱量や、技量が試される時なんだろうなって私含め、実感しています。
一度しかない人生、今回のストーリーのあやこさんもそうですが、自分が本当にしたい事は何なのかという事に向き合って、思い切り楽しんでやりましょう!!

 

皆さんの前進を心から応援しています!
ご相談等ある方は下記の欄から受け付けています。48時間以内に一人ひとり、きちんと返信していますのでお役に立てたらと思います。

 

オススメ記事はこちら!バリスタとして雇われやすい方程式

 

本スクールのご案内

本スクールは、オーストラリアのカフェでバリスタとして7年以上、焙煎士として2年以上の経験がある講師MiDORIが体験談を踏まえて教えるコーヒースクールです。 2日間集中初心者コース、1日からのマンツーマンと少人数クラス、自主練できるコースの4種類を設けております。 バリスタを目指している方、スキルアップしたい方、自宅で美味しいコーヒーを淹れたい方々のサポートを全力でしていきます。 ご予約はこちらから。

RESERVA予約システムから予約する

Instagram: @southofjapancoffee フォローしてね!

👇👇 お問い合わせはこちらから。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。